TEL 0240-27-2901
ごあいさつ | 医療法人社団養高会 高野病院

ごあいさつ

昭和55年の開設以来、いわき市・広野町・楢葉町・富岡町を診療圏とし、入院に重点をおいた地域医療に取り組んでおります。入院患者さんの高齢化に対応する為の組織作り、医療の質向上に励み、平成7年には医療法人社団養高会を設立。また平成12年には療養病棟を、平成14年には精神科療養病棟を増改築し、医療環境の変化に対応してまいりました。

平成23年3月11日の原発事故以降も、地域医療を守るため一日も休むことなく診療を続けております。
私たちはこの地域にたった一つ残った病院として、今後も前理事長・院長高野英男の遺志を受継ぎ、患者さん並びに地域の皆様から必要とされる医療機関となるべく、職員一同、どんな時でも。自分たちの出来ることを粛々とおこなってまいりたいと思っております。しかしながら双葉郡において一民間病院が医療を継続するのは、大変厳しい状況であります。今後も皆様のご支援をいただきたくお願い申し上げます。

理事長 高野己保

理事長 高野己保

 

平成29年4月1日より、院長に就任いたしました阿部好正です。この地域の復興のために頑張っていらっしゃる皆さんの健康を守り、また、この地域に、これから帰ってこられる皆さんたちに、安心して生活していただけるように、質の高い医療の提供を行っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 阿部好正

院長 阿部好正

海と山に囲まれた自然豊かな町で、
治療に専念していただけます。

地域に信頼される病院 誇りある職場 絶えない向上心

基本理念

地域に信頼される病院

患者さんの疾患治療に対応すべき組織作りを行い、あたたかでやさしい心のつながりを大切にし、患者さんの心身両面に目が届く医療の提供に努めます。

誇りある職場

患者さんに安全で迅速かつ適切な医療を提供するために、活気に満ちた、職員が誇りを持てる職場づくりに努めます。

絶えない向上心

絶えることのない向上心を育み、医療の質の向上に励み、患者さんのニーズに添った医療を提供し地域の人達から必要とされる医療機関として貢献するよう努めます。

特色

地域に密着した医療提供

地域住民のかかりつけ病院として機能を果たしております。

内科療養病棟

後期高齢の患者さんに対する医療を充実させております。

自然にあふれた立地環境

病棟の窓からは太平洋を眺められ、森林に囲まれた静かな療養環境を整えております。

精神科病棟

開放病棟の中で、患者さん個人のプライバシーを確保する等快適な療養環境を提供しながら、治療に専念していただいております。

職員心得

当院の基本のあり方

前院長 高野英男が1980年に病院を開設した当時、職員へ渡した「職員心得メモ」をご覧いただけます。

職員心得メモ(PDF)

概要

名称 医療法人社団養高会 高野病院
所在地 〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字東町214番地
TEL 0240-27-2901
FAX 0240-27-2286
院長 阿部好正
開設 1980年9月
開設者 医療法人社団養高会 理事長 高野己保
病床数 118床
職員数 85名
医療法人社団養高会 高野病院

沿革

昭和55年9月 福島県双葉郡広野町に内科75床、精神科64床の計139床の個人病院として開設
平成7年9月 医療法人社団養高会設立
平成12年7月 療養病棟の増築含む全面改装を行う
精神病棟の一部改装を行い施設面の療養環境を整える
平成14年9月 療養病棟2棟65床、精神科病棟63床、計128床に再編
精神病棟の増築を含む全面改装を行う。療養病棟2棟65床、精神科療養病棟1棟53床に再編
平成18年4月 療養病棟1棟65床、精神科療養病棟1棟53床、計118床を許可病床とする
平成20年4月〜平成28年12月 社団法人日本精神科神経学会専門医制度における研修施設に認定
平成23年3月 東京電力福島第一原子力発電所事故発災
事故後も避難せず医療提供を継続
平成24年4月 事故後閉鎖していた精神科を再開
療養病棟1棟65床、精神科病棟1棟53床
お問い合わせはお気軽に TEL 0240-27-2901