高野病院のブログ

広野町の明かり

2011年04月12日(火)更新

こんばんは、事務長の高野です。

 

みなさま、先日の余震は大丈夫でしたでしょうか??

 

 

高野病院でも電気が消えました。(1時間後位に復旧しました)

 

1ヵ月前の再現か・・・と、一瞬たじろいだ私の周りで、

 

 

 

夜勤のナース、ヘルパー、警備員、事務スタッフが

 

 

 

あっという間に非常用懐中電灯などを持ち、患者さんのところへ走って行きました。

 

 

こんなことで、くじけちゃいけないって思いました。

いつもスタッフには感謝です。

 

 

 

 

 

 

今日は夕方、所用でいわきまで出かけ、夜8時近くに病院に戻ってきたのですが・・・

 

広野町の町中に、街灯がピッカリとついておりました。

 

実は先日、同じような時間に病院に戻った時には、あたりは真っ暗で

 

高野病院の明かりしかなく・・・つい悲しくて涙が出てきたのですが、

 

今日は、以前とかわらない町の明かりをみて、

 

 

うれしくて涙がボロボロでてきてしまいました。

 

 

また1つ前進ですよね。

 

 

一歩一歩ですよね。

 

コメント

  • 坂本 より:

    現在いわき市に住んでおりますが、今はだれも住んでいない実家が折木にあります。週に1度は帰って、窓を開け風を入れ、植木に水をやっていました。
    震災後、2度ほど戻りましたが、家の片づけはまだしておりません。
     広野はほとんどの人がいないものと思っておりました。しかし「高野病院のブログ」をみて、こうした困難な状況の下にあって、本当に一生懸命、患者さんのために努力する皆様方がおり、その崇高な心意気に触れ、感動するとともに、心から声援を送りたいと思いました。私もまたできるだけ広野に戻り、家の片づけをし、そして広野町のために少しでも役に立ちたいと思っています。
     皆様のご健闘・ご健康をお祈りし、生まれ育ったわが故郷広野が、少しでも早くもとの姿に戻ることを願ってやみません。がんばりましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>